キモノフォレスト|夜にはライトアップ!嵐山駅に並ぶ着物の林( 京都) ★★

キモノフォレストの龍の愛宕池

記事の要約

・嵐電の嵐山駅に隣接した観光スポットです

・本物の着物(京友禅)を使っています

・夜のライトアップがオススメ

キモノフォレストとは

嵐電嵐山駅のキモノフォレスト

キモノフォレストは、京都の嵐山駅にある観光スポットです。

本物の着物(京友禅)が入ったポールがいくつも並んでいて、夜にはライトアップもされる美しいエリアになります。

今回は、そんなキモノフォレストについて紹介していきます。

 

嵐電の嵐山駅にあります

嵐電嵐山駅の看板

キモノフォレストは、嵐電の嵐山駅リニューアルを記念して2013年に作られました。

「隙間さえあればポールを立てる」ぐらいの勢いで、駅の周りには600本ほどのキモノフォレストが立ち並んでいます。

デザインは森田恭通

嵐電嵐山駅のキモノフォレストの駅構内

デザインは森田恭通という方が担当されました。伊勢丹新宿店 本館の内装などを手がけた人です。

旅番組「アナザースカイ」のセットも担当されているということで、個人的には親近感が沸きました。

森田恭通のプロジェクト一覧

 

キモノフォレストの見どころ

本物の着物を使用

嵐電嵐山駅のキモノフォレスト

使用している着物の柄は15種類、色違いも含めると合計30種類になります。

着物を製作したのは、創業100年を超える「京都亀田富染工場」です。

「伝統的な老舗なんだろうな・・・」と思ってホームページを見たら、まさかの、京友禅でアロハシャツを作っていました。

京友禅を今に伝える手段として作り出したそうで、見ていると1枚欲しくなってきますが、値段が軽く3万円以上したので現実に引き戻されました。

京都亀田富染工場のホームページ

 

龍の愛宕池(あたごいけ)

キモノフォレストの龍の愛宕池

嵐山駅の南側には、「龍の愛宕池」があります。

駅の近くにある天龍寺になぞらえ、「龍」を駅の守り神としています。

「水に手を浸せば、旅の安全を叶える」とかガイドブックに書かれていますが、何も知らない人に見られると変人扱いされるので注意しましょう。

 

駅の足湯

嵐電嵐山駅の足湯

嵐山駅のホームには足湯もあります。

駅の窓口で200円を払って利用しましょう。(ホームに入るのは無料です。改札もありません)

嵐電嵐山駅の足湯

嵐山温泉の湯を使用しているので、ちゃんとした温泉の足湯になります。

利用料金の200円で、足を拭くタオルも付いてきます。

 

夜にはライトアップ

嵐電嵐山駅のキモノフォレストのライトアップ

日没〜21:00には、キモノフォレストがLEDでライトアップされます。

嵐山に来たら、必ず見ておきたい光景です。

キモノフォレストの龍の愛宕池のライトアップ

同じ場所でも昼と違う印象を受けると思います。

特に「龍の愛宕池」は、人気の撮影スポットです。

 

オススメの時間帯

嵐電嵐山駅のキモノフォレストのライトアップ

オススメの時間帯は、やっぱり夜です。

昼に比べて、キレイさが3倍になります。

嵐電嵐山駅のキモノフォレストの混雑具合

ただし、夜は人混みを覚悟しましょう。

頑張って人が入らないように写真を撮っていますが、実際はこれぐらいの人は常にいます。

写真を撮るときは、譲り合いの精神でいきましょう。

嵐電嵐山駅のキモノフォレスト

朝に訪れるなら、8:00ぐらいまでに到着しましょう。

まだ観光客も、そんなにいないはずです。

 

所要時間は5〜15分

嵐電嵐山駅のキモノフォレスト

小さな駅を取り囲んでいるだけなので、見て回るだけなら5分です。

写真をゆっくり撮っていっても15分もあれば十分だと思います。

嵐山観光の合間に寄ってみましょう。

 

営業時間

キモノフォレストの龍の愛宕池のライトアップ
営業時間24時間営業(ライトアップは日没~21:00)
定休日年中無休
見学料無料

24時間無料で開放されているので、いつでも見に行くことが出来ます。

京都には夜の観光スポットが少ないので、ありがたいですね。

 

アクセス

嵐電嵐山駅の外観
住所〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町
電車・嵐電「嵐山駅」から徒歩0分
・阪急電車「嵐山駅」から徒歩10分
・JR「嵯峨嵐山」から徒歩10分

嵐電の嵐山駅に併設されたスポットですが、嵐電で訪れるのはあまりオススメ出来ません。

嵐電は最大でも2両でしか運行されないので、観光シーズンは非常に混雑するからです。

朝一や夜遅くの利用なら問題ないですが、昼間に移動する場合は、なるべく阪急電車やJRを使いましょう。

 

地図

 

最後に

キモノフォレストの龍の愛宕池

キモノフォレストは、嵐山の中心部にあって非常に行きやすいスポットです。

いつでも無料で楽しめるので、嵐山観光の際には朝でも夜でも一度は訪れてみましょう。

 

スポンサーリンク

-関西
-,

© 2021 かべごえ旅行絵巻