大河内山荘庭園|昭和の映画スターが生み出した理想の庭( 京都) ☆☆

大河内山荘庭園の景色

記事の要約

・個人で造ったとは思えない規模の庭園

・観光客が少なめの穴場スポット

・所要時間は約60分

大河内山荘(おおこうちさんそう)庭園とは

大河内山荘庭園の入り口

大河内山荘庭園は、京都の嵐山にある庭園です。

「竹林の道」の最終地点にあるので、名前だけは知っている人も多いかもしれません。

今回はそんな大河内山荘庭園を紹介していきます。

 

大河内 傳次郎(おおこうち でんじろう)が造営

大河内山荘庭園の大河内 傳次郎の紹介

庭園を造ったのは、戦前を代表する映画スターの「大河内 傳次郎」(1898〜1962年没)です。

正直なじみの薄い俳優ですが、最近だとジャンプ漫画のワンピースで「狂死郎(本名:傳ジロー)」というキャラのモデルになったりしています。ワノ国編で、割と重要なポジションのキャラです。

そんな映画スターが1930年から30年以上の歳月をかけて完成させた庭園は、個人所有のものとは思えないほどの規模になっています。

 

庭園の紹介

大河内山荘庭園の風景

それでは園内を紹介していきます。

まずはルートに沿って、石段を登っていきましょう。

大河内山荘庭園の石段

階段や狭い道を30分は歩くことになるので、動きやすい靴で行くことをオススメします。

 

中門(ちゅうもん)

大河内山荘庭園の中門

少し登ると雰囲気のある「中門」が見えてきます。登録有形文化財にも指定されています。

高さが170cmぐらいしかないので、背の高い人は気をつけて通りましょう。

 

大乗閣(だいじょうかく)

大河内山荘庭園の大乗閣

庭園の中心施設になる「大乗閣」です。

傳次郎が滞在するときも、基本的にはこの建物を使用していました。

大河内山荘庭園のつるの手すり

手すり(?)が、植物のツタで出来ていました。

園内は草の一本に至るまで、傳次郎が選び抜いたと言われていますが、これもこだわりでしょうか。

 

持仏堂(じぶつどう)

大河内山荘庭園の持仏堂

こちらは、傳次郎が座禅をしていた「持仏堂」になります。

一人が座禅できるぐらいの小さな堂です。

 

月香亭(げっかてい)

大河内山荘庭園の月香亭からの景色

高台にある「月香亭」からは、京都を一望することが出来ます。

大河内山荘庭園の山頂からの景色

山頂近くからは、嵐山らしい風景も見れます。

 

園内は広い

大河内山荘庭園の園内の道

建物ばかりを紹介していますが、その間はこんな道が続きます。

それにしても広くて、どこかの大名レベルの庭園です。

テレビがなかった時代の映画人気は凄まじかったと聞きますが、俳優の報酬もスゴかったのかなと考えさせられます。

 

紅葉の名所

大河内山荘庭園の紅葉

11月中旬〜下旬には、園内のもみじが綺麗に染まります。

僕が行ったのは11月下旬で、ちょっと見頃からは遅かったかも。

でも見頃を外したおかげか、庭園のあちこちでもみじの絨毯を見ることが出来ました。

 

入園料にはお茶菓子付き

大河内山荘庭園のお茶券

入園料の1000円には、お茶代も入っています。

せっかくなので寄っておきましょう。

大河内山荘庭園の茶室

ルート通りに進んでいくと、帰り際に着く「竹風軒」で抹茶を頂きます。

常にスタンバイしているのか、注文してから1分ぐらいでお茶が出てきます。

大河内山荘庭園のお抹茶と和菓子

本格的なお抹茶と、和菓子です。

休憩がてら、ゆっくりしていきましょう。

 

混雑具合

大河内山荘庭園の風景

嵐山の観光地ド真ん中にありますが、知名度が高くないせいかお客さんは少ないです。

嵐山の紅葉シーズンはどの寺院もすぐに帰りたくなるぐらい混みますが、ここではのんびり出来ます。

 

所要時間は60分

大河内山荘庭園の庭

ゆっくり園内を回って45分、お茶休憩も入れて合計60分あれば大丈夫です。

歩き回るので、なるべく夏の暑い日は避けた方がいいかもしれません。

 

開演時間と入山料

大河内山荘庭園の案内
営業時間9:00〜17:00
定休日年中無休
拝観料高校生以上:1000円、小・中学生:500円

庭園に1000円を使うのは気が引けるかもしれませんが、お茶菓子が付いているので割安だと感じます。

 

アクセス

大河内山荘庭園の道
住所〒616-8394 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8
電話番号075-872-2233
電車JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分
嵐電「嵐山駅」から徒歩15分
阪急「嵐山駅」から徒歩25分

最寄りの電車駅から、「竹林の道」を通って歩いて行きましょう。

ちなみに地図では「トロッコ嵐山駅」が最寄り駅に見えるかもしれませんが、ここは予約しないと乗れない観光列車専用の駅になります。(JR嵯峨嵐山駅出発の電車は、保津峡駅まで止まりません)

 

地図

 

最後に

大河内山荘庭園の景色

大河内山荘庭園は、個人所有とは思えないほど充実した庭園です。

さまざまな景色やお茶も楽しめるので、他の寺院を回る時間がないバスツアーの人なんかにもオススメです。

 

 

スポンサーリンク

-関西
-, ,

© 2021 かべごえ旅行絵巻