箱根関所|江戸の治安を守っていた重要拠点( 神奈川) ☆☆

箱根関所の入り口

記事の要約

・復元された箱根関所を紹介

・事前に知っておきたかった豆知識

・実は警備はユルかった?

箱根関所とは

箱根関所の看板

「箱根関所」は神奈川県の芦ノ湖(あしのこ)にあった関所を復元したものです。

かつての江戸幕府は治安維持のために、全国に53ヵ所の関所を建てました。

その中でも、江戸に近くて重要拠点だった「箱根関所」を紹介していきます。

 

関所の役割

箱根関所の役割

関所と聞くと、「門番が立っていて、許可のない者は絶対通さない!」みたいなイメージがあるかもしれません。

でも実は、江戸へ入るときは割とノーチェックでした。

実際の箱根関所の役割はなんだったのか、解説していきます。
(関所によって、その役割が少し異なります)

 

箱根関所の役割1:大名の奥方を逃がさないため

箱根関所の人見女

江戸幕府は、各地の大名が謀反を起こさないように、その奥さんを人質として江戸に住まわせていました。

人質が逃げてしまうと非常にマズイので、江戸から出る女性(通称:出女)は厳しく関所でチェックされます。

確認する専門官は必ず女性だったので、「人見女」や「改め婆」と呼ばれて恐れられました。

 

箱根関所の役割2:江戸に鉄砲を持ち込ませないため

箱根関所の番頭

通行手形が必要なのは「出女」「怪我人」「死人」「不審者」だけで、多くの人は意外と自由に通行していたそうです。

でも江戸に運び込む荷物は、鉄砲や武器が含まれていないか厳しくチェックされました。

この重要な役割を二つ合わせて「入鉄砲と出女」と呼んでいたので、箱根関所を訪れるときに意識してみてください。

 

 

箱根関所を紹介

箱根関所の入り口

それでは箱根関所を見ていきます。

本物の関所は江戸末期に取り壊されましたが、2004年に発掘調査に基づいて正確に復元されました。

 

関所の入り口

箱根関所の入り口の門

関所の中に入っていきます。

箱根は山に囲まれていて道が限られているので、関所を作るには最適の場所でした。

江戸の治安を脅かす関所破りは、当時では最も罪が重い「はりつけの刑」で死刑になります。
(ちなみに一つ罪が軽くなると、さらし首です。あんま変わらん・・・)

 

シルエット展示

箱根関所の馬

当時の様子を再現するために、人や馬の模型が置いてあります。

色が塗られていませんが、決して予算が無かったわけではありません。

発掘調査でも衣服の色や馬の種類までは分からないので、史実と違うイメージを避けるために、あえて色を塗らずに「シルエット展示」としています。

 

遠見番所

箱根関所の遠見番所

階段を登った先には、当時の見張り台があります。

階段は69段でショボく見えるかもしれませんが、足場が悪いので気を付けて登りましょう。

多分、夏の暑い日に行くと死ぬと思います。

箱根関所の遠見番所

当時の見張り台では、2人1組みで昼夜を問わず交代で見張っていました。

見張りをしている人物も、ちゃんと人形で再現されています。

箱根関所からの芦ノ湖の眺め

見張り台がある場所なので、周辺を一望できます。

芦ノ湖も見渡せて、なかなか良い眺めです。

 

復活の井戸

箱根関所の復活の井戸

140年以上前に作られた井戸ですが、今でも水が沸き続けています。

お城の井戸とかは枯れていることも多いのにスゴイですね。

 

休息所

箱根関所の休息所

これは休息所で食事をとっているシーンです。

関所にいる役職や人数なども、調査に基づいて配置されています。

 

関所の全景

箱根関所の全景

他にも台所やお風呂など、調査で判明した施設の一式が再現されています。

 

 

箱根関所資料館

箱根関所資料館の案内板

関所から200mほど離れた場所に、資料館があるので合わせて行っておきましょう。

箱根関所資料館への道

こんな感じの石畳の道を通っていきます。

箱根関所資料館の外観

資料館の外観です。

展示内容は、歴史マニア以外にはちょっと厳しいかもしれません。

チケットは箱根関所と共通になります。

 

所要時間と混雑具合

箱根関所の石段

箱根関所30分+資料館15分で、合計45分ぐらいかと思います。

ほとんど屋外の展示なので、混雑するような場所はありません。

 

営業時間と入場料、お得な割引

営業時間9:00~17:00(12月~2月は16:30まで)
定休日年中無休
拝観料大人500円、小学生250円
公式サイト利用案内(最新情報を確認下さい)

箱根フリーパスを持っていれば、料金が100円引きになります。

 

アクセス

箱根関所からの眺め
住所〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根1番地
電話番号0460-83-6635
駐車台数専用駐車場は無し
駐車料金専用駐車場は無し
公式サイト交通アクセス(最新情報を確認下さい)

箱根町港から歩いて5分ぐらいで、関所に着きます。

行く場合のルートは「箱根ロープウェイ(大涌谷) → 箱根海賊船 → 箱根町港 → 徒歩」がオススメです。

このルートが良い理由は、ロープウェイの運休の影響を受けにくいからですが、詳しくは箱根海賊船のページで解説しています。

箱根海賊船|箱根フリーパスで乗れる芦ノ湖の遊覧船( 神奈川) ☆☆

芦ノ湖の「箱根海賊船」に乗ってきました。
船内の様子やオススメルートを紹介します。

続きを見る

箱根の交通状況(まとめて箱根の交通状況が分かるので便利)

 

地図

 

最後に

箱根関所からの眺め

箱根関所は、予備知識無しで行くと「ちょっと眺めが良い場所」で終わるかもしれません。

ボランティアガイドさんが解説してくれることもありますが、この記事で紹介したことを頭の片隅に置いておくと、より楽しめるかなと思います。

 

スポンサーリンク

-関東
-, ,

© 2021 かべごえ旅行絵巻