小樽 雪あかりの路|街全体が優しい光に包まれる日(北海道) ★★

2020年8月11日

小樽 雪あかりの路

こんな人にオススメ

・ほっこりした気持ちになりたい

・ロウソクの優しい光が好きだ

・さっぽろ雪まつりに行くので、他にイベントがないか探している

小樽 雪あかりの路(みち)とは

小樽 雪あかりの路とは、毎年2月に小樽で開催される雪とローソクの祭典です。

イベント期間中は、街全体がローソクの優しい光に包まれてロマンティックが止まらない状態になります。

そんな「雪あかりの路」の魅力を紹介していきます。

 

メイン会場

小樽運河 雪あかりの路

メイン会場である「運河会場」と「手宮線会場」は、どちらも小樽駅から徒歩で行けます。
駅からは人の波に付いていけばOKです。

他にも市内40箇所ほどに鑑賞ポイントがあるので、当日に配布されるパンフレットなどを見て、気になるところを回ってみましょう。

市民の手で作られたイベント

小樽 雪あかりの路

運営は2000人以上のボランティアによって支えられています。

オブジェの製作はもちろん、ローソクの点火や交通誘導など、当日でも500人近くのボランティアが参加されています。

そして今では50万人近くが訪れるイベントに成長し、平成30年度の「手づくり郷土賞(国土交通大臣表彰)」にも選ばれました。

 

作品の紹介

僕が訪れた時の作品を一部紹介します。

小樽 雪あかりの路

イベントの時間が近づくと、ボランティアさんの手によって一つ一つにローソクが灯されていきます。

 

小樽 雪あかりの路のフクロウ

フクロウのオブジェクトを多く見かけましたが、フクロウはアイヌ文化で村の守り神になるので人気だそうです。

 

小樽 雪あかりの路のワックスボール

これはワックスボールと呼ばれるもので、ローソクの「ろう」が使われています。
表面には生花も貼り付けています。

 

小樽 雪あかりの路のワックスボール

ワックスボールがたくさん宙に浮いていて、幻想的な雰囲気でした。
(観光客が入らないように写真を撮るのが、一番難しかったポイント)

 

小樽 雪あかりの路の家

家のオブジェです。やさしいローソクの灯りとよく合いますね。

 

小樽 雪あかりの路のうさぎ

ウサギとハートです。ちょっと見づらいですが、目も付いています。

 

小樽 雪あかりの路のステンドグラス

ステンドグラス風になったものです。
ボランティア市民すげえ。

 

小樽 雪あかりの路の花火

こちらには花火の絵が描かれています。

 

小樽 雪あかりの路

シンプルなものでも、見つめてしまうほどキレイでした。
ローソクの火って不思議。

この他にもたくさんの作品が小樽にあふれています。

 

開催期間と時間

小樽 雪あかりの路

毎年2月の上旬に開催されています。

最近はさっぽろ雪まつりと同時期なので、観光客にとっては嬉しい日程です。

時間帯は17:00〜21:00になりますので、しっかり防寒対策をしていきましょう。

 

所要時間と混雑具合

小樽 雪あかりの路

写真を撮りながらゆっくり散策して2時間ぐらいだと思います。

ずっと外にいると寒すぎるので、休憩を兼ねてどこかの店でホットドリンクでも飲みながら楽しみましょう。
普段よりめっちゃおいしく味わえるはずです。

混雑具合としては、会場自体が広いので「人が多くて進めない、見えない」ってことはありません。

 

アクセス

小樽駅の外観

電車だと、札幌駅から小樽駅まで30分ほどです。

バスだと1時間ほどかかりますが、5分〜10分毎ぐらいに出ていて本数が多いのです。

アクセス:小樽観光協会公式サイト

最後に

「雪あかりの路」は、ボランティアによる手作り感いっぱいの暖かいイベントです。

今回紹介した以外にも色んなオブジェがありますので、ぜひ楽しみにしてください。

さっぽろ雪まつりと同時期の開催ですので、ぜひ日程を合わせて訪れましょう。

 

関連情報

小樽の観光情報

小樽のおすすめスポットを紹介しています。合わせて読んでみてください。

 

氷濤まつり

同時期に千歳市で開催されるイベントです。
雪あかりの路とは違った魅力がありますので、合わせて訪れてみてください。

スポンサーリンク

-北海道
-, ,

© 2021 かべごえ旅行絵巻