屋久島トレッキング|縄文杉と白谷雲水峡へ行く前に知っておきたいこと( 鹿児島) ☆☆

2021年3月21日

屋久島の縄文杉
屋久島で一番大きい「縄文杉」

こんな人にオススメ

・屋久島の縄文杉へ行く予定だ

・縄文杉と白谷雲水峡のどっちへ行こうか迷っている

・屋久島トレッキングの注意点を知りたい

屋久島トレッキングについて

屋久島トレッキングの道

屋久島の観光と言えば、トレッキング(山歩き)が有名です。

ほとんどの観光客は、屋久島で一番大きい杉の「縄文杉コース」か、もののけ姫のモデルになったと言われる「白谷雲水峡コース」に行くと思います。

今回は、両方に登ってきた経験から、見どころや事前に知っておきたかったことなどを紹介します。

 

縄文杉と白谷雲水峡のどっちがオススメ?

屋久島のトロッコ道の切替ポイント

個人的には、「白谷雲水峡コース」がオススメです。

詳しくは写真付きで解説するので、先にコースの特徴だけ案内します。

 

縄文杉コースの特徴

縄文杉コース

  • 歩く時間が長い(約10時間)
  • 朝の4:00〜5:00から出発
  • 同じような道が続く
  • 縄文杉は展望デッキに囲われていて、遠くからしか見えない

 

白谷雲水峡コースの特徴

白谷雲水峡コース

  • 歩く時間が短い(約5時間)
  • 朝の8:00〜9:00から出発(5:00出発の早朝コースもあり)
  • ジブリの「もののけ姫」っぽい風景が多い
  • 屋久島を一望できる太鼓岩へ行ける

 

縄文杉コースの紹介

屋久島の縄文杉

それでは、「縄文杉コース」を紹介していきます。

縄文杉の樹齢は2000〜4000年とも言われていて、屋久島で一番大きい杉になります。

往復で10時間ぐらい歩く必要がありますが、現地ツアーに参加した場合はガイドさんがペース配分をしてくれるので、ゴリゴリの体力は必要ありません。

縄文杉の名前の由来

名前の由来には2つの説がありますが、結論はまだ出ていません。

仮説①:縄文時代から存在するから
仮説②:縄文土器のような模様だから

 

早朝から出発

屋久島トレッキングの登山道入口
登山道の出発地点(写真は帰りに撮ったので明るいです)

宿泊場所にもよりますが、朝の4:00〜5:00から出発します。

3時間ぐらいはトイレがないので、必ず出発地点の建物で済ませておきましょう。

屋久島トレッキングの洞窟

最初は、ちょっと冒険チックな洞窟を進んでいきます。

 

トロッコ道をひたすら歩く

屋久島のトロッコ道

昔の屋久島は林業が盛んだったので、木材を運び出すトロッコ道が残されています。

あとは、ひたすらこの道を進んでいきます。

屋久島のトロッコ道

しばらく歩くと時間を持て余すようになってきますが、そんなときでも大活躍なのがガイドさんです。

屋久島の植物や、ジブリの社員旅行の裏話などで、場を楽しませてくれるかも知れません。

 

ウィルソン株

屋久島のウィルソン株

トレッキングも終盤に差し掛かると、「ウィルソン株」があります。

1914年に屋久島の調査に来た植物学者、ウィルソン博士の名前が付けられた株です。

ただの切り株にしか見えませんが、中に入って上向きに写真を撮ると、あの形が浮かび上がります。

屋久島のウィルソン株のハート

しっかりしたハートです。(ちょっと撮る角度を工夫する必要があります)

自然に作られたものなので、風化具合によっては何年かで見れなくなると言われています。

まさかウィルソン博士も、自分の調査した株がハート型になっているとは思いもよらないことでしょう。

 

夫婦杉

屋久島の夫婦杉

2本の杉が、手を繋いでいるように見える「夫婦杉」です。

あんまり目立たないので素通りされることも多いですが、この杉も樹齢1000年を軽く超えています。

 

縄文杉

屋久島の縄文杉

やっと屋久島観光のメインである「縄文杉」ですが、ここで残念なお知らせがあります。

縄文杉は観光公害が酷くて、今は遠くからしか眺めることが出来ません。

杉に近づけないようにウッドデッキで囲われていて、大自然の迫力がゼロです。
(なんとかウッドデッキが入らないように、頑張って撮影しています)

屋久島の縄文杉

おまけに、人・人・人の大渋滞で、風情も何もありません。

ガッカリスポットとまでは言いませんが、消化不良感が強いです。

 

無数に枝分かれした杉

屋久島のタコ杉

なんならウッドデッキの頭上にある枝分かれした杉の方が、縄文杉より見応えありました。

なにこの無駄な枝の多さ。

 

縄文コースのまとめ

以上が「縄文杉コース」になります。

屋久島には車で行ける範囲にも立派な杉があるので、縄文杉が好きな人には申し訳ないですが、わざわざ片道5時間かけてココに来る必要性を感じませんでした。

なにより大変なのは、この下がったテンションで帰りのトロッコ道を戻られねばならないことです。

【現地ガイドの申し込み】
縄文杉ツアー:予約サイト(ベルトラ)

 

白谷雲水峡と太鼓岩の紹介

屋久島の白谷雲水峡

次は「白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)コース」の紹介です。

歩くのは往復4〜5時間ぐらいで、「縄文杉コース」の約半分です。

ちょっと道は険しくなりますが、出来れば太鼓岩まで行くコースに参加しましょう。

 

朝の出発時間

屋久島の風景

朝の8:00〜9:00出発が多いので、比較的ゆっくりできます。

5:00出発の早朝コースなら12:00頃には街に帰れるので、午後の船や飛行機にも間に合います。

トイレは90分ぐらいは無いので、登山道入口のトイレで済ませておきましょう。

 

くぐり杉

屋久島のくぐり杉

それでは、「白谷雲水峡コース」を紹介していきます。

まずは、すっごい太い杉の下をくぐっていきます。

元々は倒木があったのが腐って無くなって、このような空洞が出来たと考えられています。

 

苔むすの森

屋久島の苔むすの森

ジブリ映画「もののけ姫」のモデルになったと言われる、苔むすの森です。

その名の通り、苔に覆われていて幻想的です。

屋久島の苔むすの森

面白い形の杉が多いので、見ていて飽きません。

昔は「もののけの森」と呼んでいましたが、大人の事情で「苔むすの森」に変更されたとの噂です。

 

屋久島の猿

屋久島の猿

運がよければ、コースの途中で野生動物にも出会えます。

僕が行った時は、すごい目立つ場所に猿がいました。

屋久島には猿や鹿の天敵がいないので数が増えていって、一時期は「人2万、猿2万、鹿2万が住む島」とも呼ばれるほどでした。

 

太鼓岩

屋久島の太鼓岩

屋久島を一望できる「太鼓岩」です。

眺めは抜群で、屋久島の中で一番好きな景色になりました。

ただし、太鼓岩まで来るには急斜面を登る必要があるので頑張りましょう。

 

辻の岩屋

屋久島の辻の岩屋

太鼓岩の近くには、もののけ姫のモロ(山犬)が住む岩屋のモデルがあります。

モロがアシタカに「黙れ、小僧!」と言ったシーンですね。

(もしかしたら、普通の現地ツアーではココには行かないかも)

 

白谷雲水峡コースのまとめ

以上が、「白谷雲水峡コース」になります。

「もののけ姫」っぽい風景が多くて、最後の帰り道まで楽しむことが出来ました。

今思えばですが、太鼓岩とかで風景が変わっていくのが良かったのかなと感じます。
どんなに良い景色でもずっと同じだと慣れちゃいますし。

【現地ガイドの申し込み】
白谷雲水峡ツアー:予約サイト(ベルトラ)

 

トレッキングの注意点

屋久島トレッキングに参加する時の、注意事項を解説します。

どこに宿泊するべき?

屋久島のシカの宿

ほとんどの人は、宮之浦エリアと安房エリアで悩むと思いますが、宮之浦エリアをオススメします。

やはり宮之浦の方が店が多いですし、「白谷雲水峡コース」の入口にも近いです。
(逆に「縄文杉コース」の入口は、安房の方が近い)

宮之浦・安房エリア以外の人は、ご飯を食べる場所にも困ると思うので、食事付きの宿を予約するようにしましょう。

 

トレッキングに必要な装備

屋久島のトロッコ道

登山道具の一式が必要になります。
持っていない人は、ツアーのオプションでレンタルしましょう。
(トレッキングシューズ、レインウェア、リュック、早朝の場合はライト)

靴ずれが一番怖いので、靴下は2枚重ねで履いて、絆創膏も必須。

水、昼ごはん、携帯トイレ、虫除けスプレーは自分で準備しておきましょう。

必要な水の量は季節によって変わりますが、多めに持っていきましょう。
湧き水を飲むのに抵抗が無ければ、持っていく量は少なく出来ます。 
(トイレに行きたくならないように水をセーブすると、脱水症状になる可能性があります)

 

屋久島のトイレ事情

屋久島のバイオトイレ

屋久島は世界遺産なので、基本的には携帯トイレを持参して、自分で持って帰る必要があります。

ですが、そのままでいいバイオトイレもあります。

微生物の力で、「ウ○コは消えます」の一文が心強いです。

 

屋久島の天気

屋久島のタコ杉

屋久島は、「ひと月に35日雨が降る」と小説『浮雲』で書かれたように、非常に雨の多い地域です。

雨は降るものとして行動しましょう。

雨だと風景がキレイに見えなくなるかもしれませんが、代わりに苔がキラキラ光り輝きます。

 

現地ガイドは申し込むべき?

屋久島のトレッキング

登山をあまりしたことがない人は、現地ツアーへの参加を強くオススメします。

ガイドさんの有無で、移動時間の楽しさも変わってきます。

【現地ガイドの申し込み】
縄文杉ツアー:予約サイト(ベルトラ)
白谷雲水峡ツアー:予約サイト(ベルトラ)

 

現地ツアーの注意事項

ただしガイドさんによっては、ろくに説明もせずに早く帰りたがるような
「ガイド付けたのに意味ないやん。帰りのバスの時間も余裕ありすぎで、結局他のチームが帰ってくるの待ってるし・・・」となるガイドもいます。
(上の予約サイトの口コミで低評価の人と特徴が一致するので、多分いつもそんな感じなんだと思います)

今まで数多くの現地ツアーに参加してきましたが、その観光地ごと嫌いになるようなマイナスの現地ツアーは、屋久島が最初で最後です。ある意味、貴重な経験でした。

フォローしておくと、屋久島のほとんどのガイドはしっかりした真面目な方達です。
実際に僕が屋久島で出会ったガイドさんの3人中2人は、説明も丁寧で知識も素晴らしかったです。

 

最後に

屋久島のトレッキング

屋久島トレッキングをするなら、「縄文杉コース」より「白谷雲水峡コース」がオススメです。

滞在日数が少ない場合は、「白谷雲水峡コース」だけにしておきましょう。

また、屋久島を効率的に観光できる「やくざる号」の利用も強くオススメします。↓

やくざる号|半日で屋久島を周遊するバスツアー( 鹿児島) ★★

屋久島の現地バスツアー「やくざる号」に乗ってきました。
個人的には縄文杉トレッキングよりも満足度が高くて、屋久島の魅力が堪能できる1日になりました。

続きを見る

 

スポンサーリンク

-九州
-, , ,

© 2021 かべごえ旅行絵巻